結果だけじゃない /産科医 竹内正人 takeuchimasato.com

結果だけじゃない

妊娠・出産にかかわっていると、いつも思います。

結果以上にどのようなプロセスでそこに至ったのか、
そのプロセスにどのような意味があったのかの方がもっと大切だということを。

平成17年、福島県で帝王切開後にお母さんがなくなり、
担当の産科医が逮捕されました。
新たな命が誕生するはずの出産で、お母さんが命を失う。
ご家族には、納得のできない耐え難い体験であったでしょう。

ただ、見えにくいと思いますが、自分たちが関わった命の不幸は、
私たち産科医、助産師、看護師、病院スタッフにとっても
つらく悲しい出来事なのです。

逮捕された医師は、一人でその地域の命を守ってきました。
しかし、この結果が、これまでの日々の積み重ねや
家族との暮らしなど、すべてを奪いさってしまいました。
そして、その地域でお産をする施設がなくなった。

自分の生活を犠牲にして命を見守り
危ういときにはその命を何とかして救おうと努めてきた産科医が
この事件を契機として全国各地でお産の現場を離れて、多くの産院が閉鎖しました。
本当にそれでよかったのだろうか・・

医療と行政だけでの対応は難しく
地域全体で現状を共有していかなければ立ち行かない状況に陥っています。
僕たち医療者も、家族、そして、社会と対話を重ねてゆかなくてはならないでしょう。

ところが、結果偏重の評価や、芳しくない結果を
すぐに医療ミスと結びつけてしまうメディアや、
何かあれば責任を他に押しつける社会の風潮などが、それを難しくしています。

僕たちも苦しんでいます。

患者は弱者なのかもしれません。
ただ、医療者も同じ人間です。
きちんと評価され、受け入れられ、しっかり育ててもらえる環境がなければ、
命にかかわる職は成り立たなくなってしまいます。

どんなに理不尽な結果であったとしても
来てくれた命に意味があると気づけたとき
人は一歩前へ進むことができるのです。

辛さや、悲しさを真に乗越えてゆこうとするプロセスとは、
忘れよう、忘れさせようとすることではなく、
家族も医療者もその事実を決して忘れず
共存しながら、次につなげてゆこうとする心の動きです。

時間のかかるプロセスです。

ただ、結果だけで性急に判断しない社会になってほしい。
そのために、僕もできることをしてゆくことにします。
(平成18年記)