2013.8 ママのための帝王切開の本【はじめに】 /産科医 竹内正人 takeuchimasato.com

ママのための帝王切開の本

中央法規出版 2013年8月刊行

はじめに

 『ママのための帝王切開の本~産前・産後のすべてがわかる安心ガイド~』を手にとっていただきありがとうございます。この本は、帝王切開に関するあらゆる情報を、ママと家族の視点から網羅した日本初の本格的帝王切開ガイドです。主に、妊娠中のママ、帝王切開経験者のふりかえり、次の妊娠への道しるべとして使ってもらうことを想定し、医療情報のほか、手術後の生活やメンタルについてなど、さまざまなQ&Aも満載しています。

 帝王切開についてママ向けにきちんと書かれた本はこれまで日本にはありませんでした。妊娠・出産本はどれも自然分娩が前提で、帝王切開はおまけ程度に紹介されているにすぎません。妊娠中に医師から帝王切開の可能性を示唆されても、十分な情報がなく不安で一杯になる妊婦さんが多くいます。実際に帝王切開で元気な赤ちゃんを授かっても、出産の体験自体をなかなか受け入れることができない。そんな気持ちを周囲から理解してもらえず、辛い思いをしているお母さんたちも多くいるのです。

 それは、帝王切開は出産のひとつの方法でなく、母と子の命を救うための医療的処置という位置づけであったことと関係しています。自然分娩は助産師、帝王切開は医師の担当のような棲み分け意識があり、病院での母親学級・両親学級でも帝王切開について学べる機会もほとんどありません。初めての妊娠で自分が帝王切開となるというリアリティーが高くないことも、ママ向けに情報を深く掘り下げることがなかった理由のひとつでしょう。

 ところが、ここ20年で帝王切開は倍増し、今や5人に1人、20%のお母さんが帝王切開で子どもを授かる時代となりました。しかも、出産方法の選択は医師まかせではなくなってくるなど、帝王切開を取り巻く環境は大きく変化してきています。産み方は生き方でもあります。元気で生まれればOKではないのです。それなのに、信頼のできる帝王切開情報を得ることはいまだに簡単ではないのです。かわらず偏見も残っています。

 そうした状況で、少しでも安心できるための帝王切開情報をママに伝えたいと熱望していた私は、違う立場から同じ思いを抱いていた、3回帝王切開の経験から、たくさんの帝王切開ママを長年サポートしてきた細田恭子さん、助産師として帝王切開の研究を続けながら、自らも2回の帝王切開の経験をもつ横手直美さんと出会いました。そして、「帝王切開もきちんとしたお産である」をコンセプトに3人で本書を上梓することができました。とてもいい本ができたと思います。感無量です。本書がひとりでも多くのママのお役にたてることを心より願っています。

 最後に、私たちの溢れ出でる思いに共感してくださり、こうして形にするために尽力をつくしてくれた中央法規出版の寺田真理子さんに感謝いたします。

「Just Be! あなたはあなたのままでいいのです」

                                          竹内正人